MARKETING

動画マーケティング

広告費の現実について考えました

広告費を削減することに良いことはないという事実

広告費は経営の効率化を実現するために事業には欠かせない宣伝費用です。
そして約15年間の国内の広告費は以下の通りです。

つまり時代は変化しても、国内で使用される広告費は変化していないという事実があります。

しかし、

まだ独立開業したばかりだから、広告費を使うのはもったいない。
自分でチラシを配ろう。

売上が減ってきたから、ひとまず広告を出すのをやめよう。

 

上記のような方をお見かけすることがありますが、
「広告費を使わない(減らす)」というのは、多くの場合、悪手です。

かけるべき広告費の目安を考えて、正しく広告運用することで価値は最大化します。

広告費だけが唯一「お客様を連れてきてくれるお金」である

では、なぜ広告費を使わないことが悪手なのか。

その理由は、広告費だけが唯一「お客様を連れてきてくれるお金」であるからです。

よく売上をUPさせるためにお客様を増そうと、

  • 高い家賃を払って、綺麗な事務所を構えてみる
  • 良い商品を開発してみる

など、してしまいがちですが、
それだけでは勝手にお客様が増えることはありません。

極端に言うと、お客様さえ集まれば、事業はなんとかなります。

多くの会社・個人事業主の廃業原因は、「集客ができないから」であり、
「広告費は最優先で捻出すべき予算」であるのです。

インターネット広告は費用対効果が最も高い売上UPの戦略である

約15年間の広告費の内訳は以下の通りです。

つまり時代は、この15年あまりの間で、ほとんどの事業者はインターネット広告費に投資をしている事実があります。

なぜなら、

  • ターゲットを細かく設定できて、無駄のない出稿ができる
  • アナリティクス分析結果から、効果測定を正確にできる
  • クリエイティブを柔軟に改善できる
  • 価格設定ができて、従来の広告費より抵抗コストで始められる

などの理由から、インターネット広告費は費用対効果が高まっているからです。

動画広告の実態について考えました

動画広告が圧倒的

動画広告は他の広告媒体と比較しても、非常に高いといわれています。
動画広告の効果が高い理由は以下の3つです。

  • スマホでSNS上の動画を視聴する人が増えた
  • 静止画よりも多くの情報が伝達できる
  • 動画広告市場の成長

そして動画広告の目的は、大きく下記3つに分けられます。

目的目標動画広告の具体例
事業者ブランディング事業者のイメージ、メッセージを視聴者に伝える事で、事業者の価値を底上げする具体的な業務内容・コンセプト・商品にかける熱いメッセージなどを簡潔明瞭に発信する
商品・サービス認知度向上事業者の商品・サービスをお客様に認知してもらうYouTubeやSNS媒体を通じて商品に対する情報を発信・拡散する
販売促進商品やサービスの購入や資料請求など、事業者が求める行動を視聴者に促す商品を使用したリアルな声を届けたり、商品に対する安心感や信頼感を動画にして発信・拡散を行い興味を持たせて意図した行動へと誘導する

動画広告はマーケティング戦略の選択肢として、取り組み始めている事業者が増加中です。

目的に沿って視聴者目線の「24時間働いてくれる分身」動画広告

動画広告は、YouTubeやSNSなどの各プラットフォームにて配信することで、
24時間いつでも私たちの変わりになってお客様に教育を行ってくれます。

YouTubeなどSNS動画

YouTubeやSNSなどにて、以下のように動画配信ができます。

動画広告

YouTubeやSNSなどにて、以下のように動画広告の運用ができます。

ブランディング動画

以下のように各事業者様のブランディング動画の制作ができます。

これらは、ほんの一例ですが、
動画をバズらせたり、ブランディングを行うことで
動画視聴をきっかけにお仕事の依頼や商品購買などに繋がっていきます。

また動画広告としても広告費5万円の運用で
売上が120万円UPした事例もあります。

現役YouTuberなど各SNSのインフルエンサー集団

弊社はYouTubeや各SNSのプロフェッショナル集団となり、以下の工程を経て動画広告の最適化を行います。

制作は全て弊社に丸投げ

ブランドやコンプライアンス部分のみ確認依頼します。

おかげさまで多くの方にご指示いただいてます

売上UPに貢献する。

多くの情報が伝えられる動画を作って発信することで、

  • 品が売れる
    効率的に商品や事業の価値をお客様に伝える事ができて事業が繁栄していきます。
  • 用に繋がる
    食い違いのなく事業の魅力の魅力を伝える事ができて採用の向上や離職率の低下に繋がります。
  • 間が手に入る
    24時間働いてくれる分身ができる事でチラシ配りなど非効率的な時間が削減され、豊かな人生へとサポートしてくれます。

上記の事が達成されます。

「24時間働いてくれる分身」動画広告について

毎月3組様限定 初回50%OFF!

※30,000円/本以上のYouTubeなどSNS動画に限り

YouTubeなどSNS動画

30,000円/本~ →

動画広告

YouTubeやSNSなどにて、以下のように動画広告の運用ができます。

広告費1,000,000円~

ブランディング動画

YouTubeやSNSなどにて、以下のように動画広告の運用ができます。

100,000円~